漬物を控えて降圧する

高血圧の診断を受けてしまった場合には血圧を下げるために努力をしていくことが大切になります。高血圧患者の大半は本態性高血圧と呼ばれる原因となる疾患が特定できないものであり、生活習慣が原因として考えられるものです。そのため、降圧治療の基本は食事や運動を中心とした生活習慣の改善によるものになります。タバコやお酒といった習慣も血圧に悪影響を与えることから高血圧や節酒が求められますが、それ以上に重視されるのが食事です。
日本人には他の先進国の人に比べても高血圧患者が多いことが知られており、その原因の一つが漬物であるとされています。塩、醤油、味噌といった塩分の多い調味料を大量に使って漬け込んである漬物を毎食のように食べるのが日本の伝統的な食文化であり、そういった食生活をしながら育ってきていることが血圧を高めてしまっていると考えられています。そのため、漬物を控えるだけでも降圧効果を期待することができるでしょう。総合的な減塩食を進めていくことによって降圧を図るというのが実際のアプローチとしてとられるものとなっています。一方、ストレスも血圧を高める要因となることから養生することが重視されます。仕事に追われる生活を続けることになってしまって養生する暇もないという日々を過ごすことを余儀なくされている社会人が多くなっているのが現代社会の特徴です。食生活にも運動習慣にも問題がないのに血圧が高いという人の中には、そのストレスが原因となっている場合も少なくありません。そういう人の場合には週に一日でも養生の日を設けることによって降圧を実現できるということもあります。複合的な要因が重なるため、こういった総合的なアプローチが必要になるのが高血圧治療の実際です。